問題の8割はコミュニケーション!

【上級者向け】WordPressの仕組みがわかるおすすめ書籍4選

友人にWordPress関連の書籍を書いている人がいて、いろいろ話を伺うのですがWordPressの本を書くのって結構難しい気がしています。

利用者も幅広いし、いろんな切り口でかけるし、例えばプラグラミング言語のように最初は定数や変数からみたいな定番の書き方がありません。そこで今回は敢えて、WordPressの仕組みを知りたい上級者向けのおすすめ書籍を紹介してみます。

WordPress ステップアップブック

とりあえずWordPressの構造を知りたいという人におすすめなのがこちらの本。

少し古い本なので、現在のバージョンの情報と少し違う部分もあるかもしれませんが、WordPressの大まかな構造、特にデータベースの設計がどうなっているかをしる上ではこの本が一番わかりやすいです。

WordPressユーザーのためのPHP入門

_

プログラミングをした経験があり、かつWordPressの動作の仕組みを知りたい方にはこちらの本がおすすめ。本書はある程度のプログラミング言語の知識を前提にWordPressの特有のコーディングの仕方や動作の仕組みについて書かれています。

PHPは書けるけど、WordPressのコードはよくわからないという人には特におすすめの書籍と言えます。

サイトの拡張性を飛躍的に高める WordPressプラグイン開発のバイブル

_

私はこの本を読んでプラグインの作り方を学びました。プラグイン開発の方法に特化した本のため、現在は Kindleかマーケットプレイスでしか売られていないのですが、特化しているという意味ではこれに代わる本はありません。

なんらかのプログラミング言語の経験があって、WordPressプラグインの開発の挑戦したいという方におすすめです。

エンジニアのためのWordPress開発入門

_

多くのWordPressの解説書というのは、WordPressの利用者に向けて書かれていますが、本書は完全にWordPressの構造についてエンジニアに向けてかいている本です。

プログラミングやデータベースのことが分からないとさすがに読むのは苦しいですが、ここまで広範囲を技術者目線で解説した本はこれ一冊です。WordPressを利用したWebサービスなどを作ってみたいという人におすすめです。

今日のアクション

今回紹介した本はいずれも私がプラグイン作りの際に参考にさせて頂いている本です。WordPressはweb制作者向けの本は多いのですが、エンジニア向けの本は意外と少ないので、助かっています。

Facebook Comments

累計1万部突破の電子書籍「《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!」著者。Kindle本総合1位を2度獲得。その他WordPressプラグイン「Sandwiche Adsense」を開発。コミュニケーションのチカラで新しい価値を発見するをミッションに「モンハコ〜問題の8割はコミュニケーション」を運営中。

記事がお気に入り頂けたらフォローお願いします!
当ブログの更新情報はfeedlyで配信しております。この機会に興味をお持ち頂けましたら下記のボタンからご登録をお願い致します。
登録の方法はこちら
follow us in feedly

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA