今欲しいマイクロフォーサーズレンズを晒してみる(2021年版)

カメラ
  1. Home
  2. カメラ
  3. 今欲しいマイクロフォーサーズレンズを晒してみる(2021年版)

写真を取るようになって、すっかりレンズ沼にハマっております。特に私が使用しているマイクロフォサーズという企画は、特にレンズの種類が多く目移りしてしまいがち。

そういうわけで今回は、私が今欲しいレンズを紹介してみることにします。

スポンサーリンク

今欲しいマイクロフォーサーズレンズを晒してみる(2021年版)

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S.

表現の幅を広げるという点において、優先して購入を検討しているのがマクロレンズ。やはり間近までよって撮影できるというのは、ブログの写真としても相性もいいと考えています。

数あるマクロレンズの中でも気になっているのは、パナライカの45mmマクロ。色味の鮮やかさがパナライカの強みでもあるので、食べ物などの撮影には力を発揮してくれそうです。

価格も中古だと3万台からあるので、これはタイミングをみて買うだろうなと考えています。

LUMIX G FISHEYE 8mm / F3.5

私は魚眼レンズってかなりブログの写真と相性がいいと感じています。普通にスナップ写真をとっても、非日常感が演出できるので便利です。

以前、オリンパスのキャップレンズを購入しているのですが、使っていて楽しいのでもっとしっかりした魚眼が欲しいという欲求が湧いてきています。このパナソニックのレンズはオートフォーカスもついて、価格もお手頃。これもいずれ欲しいと考えているレンズです。

LAOWA 7.5mm F2 MFT

広角レンズは当面いらないと考えていたのですが、ずっとレンズを眺めていると欲しくなるのが人情でして。その中でも特に気になっているのが、こちらの中華メーカーLAOWAのレンズ。なんといっても焦点距離が7.5mm(35mm換算で15mm)と超広角でありながら、F2.0と明るい。

マニュアルフォーカスなのが使いこなせるかちょっと不安になるところですが、超広角の写真は景色など撮影するシュチュエーションが限られていることから、大丈夫かなと考えています。お財布に余裕があったら買いたいレンズです。

LEICA DG NOCTICRON 42.5mm / F1.2 ASPH. / POWER O.I.S.

マイクロフォーサーズでポートレートを撮影する人なら一度は手に取りたいレンズ。プロも愛用するレンズです。

私も撮影会などに参加してポートレートをよく撮るのであこがれるのですが、この42.5という焦点距離はポートレート以外ではなかなか使い所が見つけられないので、価格なども含めて考えるとちょっと手が出ないと感じてしまうレンズです。

今日のアクション

今のところはこれぐらい。もっとあげるとキリがないのですが、本来はレンズを買うことが目的ではなく、いい写真をとることが大事なので抑えておきます。定期的にこういう記事は書いていくつもりです。

Facebook Comments Box