問題の8割はコミュニケーション!

WordPress 5.0リリースまでに「Classic Editor」は入れとけ!

2018年8月20日の段階で最新のWordPressのバージョンは4.9.8です。もうすぐWordPress 5.0がリリースされると言われています。WordPress 5.0には「Gutenberg」という新エディタが搭載される予定です。

新しい機能というのは、基本的に便利になるために導入されるのですが、その弊害というのも必ずあるものでして。当ブログではWordPress 5.0がリリースされたからと言っていきなり「Gutenberg」を利用することをおすすめしません。

では、どうすればいいのということで理由と対策を解説します。

Gutenbergで記事を開くと形式の変換が起こる

新エディタGutenbergでは、記事をブロッグという単位に分けて管理します。これによって、ブロックごとにコンテンツの順番を入れ替えたり、複製なども行えるため、記事の編集がより直感的に行えるようになっています。

詳しい使用感については、過去の私の記事をご覧下さい。

WordPressの新エディタ「Gutenberg」を使ってみた。

ただ、新しい技術に弊害はつきもの。WordPress 5.0で導入されるGutenbergでは過去に書いた記事を開いた場合でも、それをブロック形式に変換しようとしてしまいます。

結果、記事中にDIVタグなどを入れている場合は、消えてしまう現象が確認されています。

今後、消えないようになんらかの対策もされるかもしれませんが、当面はすでに公開済みの記事はGutenbergでは開かないほうが無難でしょう、特にブロガーさんは過去記事をリライトすることが多いので注意が必要です。

対策は旧エディタを入れてデフォルト設定すること

では、WordPress 5.0がリリースされたらどうしたら良いかですが、シンプルな方法はプラグインから「Classic Editor」を選択し、インストールすることでGutenbergの利用を回避することが出来ます。

Gutenberg

こちらのプラグインを有効化し、設定の画面よりGutenbergエディタをクラシックエディタで置き換えるように設定します。

Gutenberg

この設定を実施することで間違ってGudenbergを古い記事を開くことがなくなるので安心です。

Gutenbergに利用は情報が出そろってから

今回の対応は過去記事を一切再編集せず、新規の記事しか書かない場合はしなくても大丈夫ではあるのですが、それでもGutenbergの利用はそれなりにWordPressやWebまわりのコトに詳しくないかぎりは少し様子を見た方がいいかなと考えています。

今回の現象に対する対策はいずれ解決してくれるプラグインなどが開発されるでしょうし、情報もネット上に充実してくると考えられます。

それから使いはじめても十分だと言えるでしょう。

今日のアクション

何も準備しないでGutenbergに触れるとかなりとまどうことが予想されます。心構えはきちんとしておきましょう。

Facebook Comments

累計1万部突破の電子書籍「《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!」著者。Kindle本総合1位を2度獲得。その他WordPressプラグイン「Sandwiche Adsense」を開発。「コミュニケーションの力で新しい価値を生まれる場を作る」をミッションに「モンハコ〜問題の8割はコミュニケーション」を運営中。

記事がお気に入り頂けたらフォローお願いします!
当ブログの更新情報はfeedlyで配信しております。この機会に興味をお持ち頂けましたら下記のボタンからご登録をお願い致します。
登録の方法はこちら
follow us in feedly
記事のタイトルとURL をコピーする!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA