問題の8割はコミュニケーション!

WordPress 4.9.6リリース!マイナーアップデートだが要注意!

WordPressのバージョン4.9.6がリリースされております。当ブログでは以前よりWordPressのマイナーアップデートはすぐに実施して下さいとブログに書いていました。

今回のアップデートはWordPress 4.9.5からWordPress4.9.6へのアップデートなので、基本すぐにアップデートなのですが、いつもと少し事情が違います。

4.9.6では機能追加が含まれる

通常機能変更等がないとされていたマイナーアップデートなのですが、複数の機能追加がされています。

今回のアップデートの経緯は、今欧州で施行が近づいているGDPR(General Data Protection Regulation)すなわち日本語訳するとEU一般データ保護規則 に対応するためです。具体的には個人情報の削除やエクスポートなどができるようになっています。

このため、何も考えないでアップデートしてしまうと混乱してしまう恐れがあります。

なぜマイナーアップデートで機能追加なのか

現在、WordPressではバージョン5.0の公開で新エディタ「Gutenberg」をリリースすることを宣言しており、開発をすすめています。ところがこの「Gutenberg」の開発が様々な理由で難航している模様。当初は2017年中と宣言されていたのですが、延期を繰り返しています。

そして、そのタイミングで緊急度の高いGDPRの対応が必要になり、結果としてマイナーアップデートながら機能追加をする必要が出たため、これまでのルールを覆す形になったようです。

個人情報に関連する機能が追加されています

今回のアップデートでは、個人情報に関するページが機能が追加されています。

プライバシーポリシーの追加

サイドメニューの「Settings」→「Privacy」からプライバシーポリシーの作成ページが追加されています。
個人情報の扱いについは、日本国内でも年々厳格になっているので、早めに作成したほうがいいかもですね。

WordPress

個人情報の削除、エクスポート機能の追加

サイドメニューの「ツール」の下に「Export Personal Data」「Erase Personal Data」の二つの項目が追加されています。

  • Export Personal Data
    WordPress

  • Erase Personal Data
    WordPress

私のように個人ブログの運営で利用している場合、影響はなさそうですがWordPressでSNSを構築したりECを運営されている方もいるので、そういう方はこれらの機能も必要になるということなのでしょう。

今日のアクション

この対応については割と非難を浴びているようです。
個人的にシステム構築の経験がある立場からすると、苦肉の策だったのだろうなと。生暖かい目で見ています。

Posted from SLPRO Z

Facebook Comments

累計1万部突破の電子書籍「《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!」著者。Kindle本総合1位を2度獲得。その他WordPressプラグイン「Sandwiche Adsense」を開発。「コミュニケーションの力で新しい価値を生まれる場を作る」をミッションに「モンハコ〜問題の8割はコミュニケーション」を運営中。

記事がお気に入り頂けたらフォローお願いします!
当ブログの更新情報はfeedlyで配信しております。この機会に興味をお持ち頂けましたら下記のボタンからご登録をお願い致します。
登録の方法はこちら
follow us in feedly
記事のタイトルとURL をコピーする!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA