1/29(土) 山梨WordPressMeetUpは2周年特別回!今村哲也さんにテーマとの付き合い方について語ってもらうよ

お知らせ//
  1. Home
  2. お知らせ
  3. 1/29(土) 山梨WordPressMeetUpは2周年特別回!今村哲也さんにテーマとの付き合い方について語ってもらうよ

2020年1月より毎月開催しております山梨WordPressMeetUp。この1月の開催で丸2周年となります。せっかくの2周年ということで、今回は特別ゲストをお呼びしてお話を伺います。

【第25回】山梨WordPressミートアップ「テーマ(または開発者)と上手に付き合う方法」by今村哲也さん | Meetup

遠くて近いテーマ開発者との付き合い方を考える回です。

スポンサーリンク

特別ゲストは今村哲也さん

今回の登壇者は、今村哲也さん。GPL対応のWordPressテーマ「NishikiPro」の開発者の方です。

「NishikiPro」はGPLライセンスに対応した日本人が開発したWordPressテーマとして有名で、多くのWordPressユーザーに支持されています。

「NishikiPro」は私も当ブログで使用しています。基本的な設定のほとんどをテーマの設定でカバーすることが出来るため、個別にコーディングする必要がなくとても便利です。

テーマ(または開発者)との付き合い方

今回山梨WordPressMeetUpで今村さんにお話頂くのは、「テーマ(または開発者)との付き合い方」です。

WordPressテーマというと、ダウンロードして使用。それでおしまいと言う方が多いと感じています。

ですが、今村さんは、「NishikiPro」の利用者に対して、独自のコミュニティを提供し、その中で利用者同士の交流を図ったり、アップデートのアナウンス、さらには機能の改善の提案などを受け付けています。

こうすることで、テーマの不具合やバグなどをいち早く察知し、製品の改善に繫げることが出来ています。一方で利用者は、汎用的に使う機能などをテーマ側に実装することを要求することが出来るため、ここで共存の関係が生まれています。

テーマ開発者との良好な関係をつくることで、WordPressの作業はより生産的にすることが出来ます。今回の特別回では、今村さんの取り組みを見ながら、テーマ(あるいは開発者)との付き合い方について考えてみます。

後半は質問会&ブレイクアウトルームで交流会

いつもの山梨WordPressMeetUpと同じく、一方的に話を聴くだけでなく、質問をする時間をたっぷり用意しています。普段、テーマの開発者の方と関わることがない方も、この機会にテーマやテーマ開発者についていろいろ疑問をぶつけてみて頂きたいです。

もちろん、後半戦ではブレイクアウトルームも用意しています。少人数でじっくりコミュニケーションが取れる時間ですので、本編に中でわからなかったこと、細かい技術的なことについて、参加者同士で相談してみて下さい。

きっと、疑問が解決するはずです。

今日のアクション

山梨WordPressMeetUpでは、山梨に住んでいる方を講師としてお招きしているのですが、今回は2周年記念の特別回で今村さんを及びしています。是非WordPressテーマに関してより深く知れるチャンスです。奮ってご参加下さい。

参加申し込みはこちらから。

【第25回】山梨WordPressミートアップ「テーマ(または開発者)と上手に付き合う方法」by今村哲也さん | Meetup
Facebook Comments Box