Kindle,読書,WordPress,Alexa…etc

Apple Watch対応アプリ「Life Cycle」なら面倒臭がりでもライフログが取れる

私は少しでも面倒なことがあるとモノごとが続かないほうです。以前はいわゆるライフログをとろうとiPhoneアプリをいろいろ試していたのですが、どれも結局続きませんでした。

その後、自動で記録とってくれる「Moves」とか「僕の来た道」といったアプリも使っていたのですが、気付くとサービスが終了していました。

ですが、ライフログはもういいかなと諦めかけていたところに、Apple Watchのアプリ「Life Cycle」を発見。おそらくこれが過去最強のライフログアプリなので紹介します。

スポンサーリンク

Life Cycleってどんなアプリ

Apple Watchアプリ「Life Cycle」はApple Watchをつけている間、自動で行動記録を取ってくれるアプリです。過去にあったMovesなどと同じようにGPSをONにしていれば、移動時間や立ち寄った場所なども自動的に記録してくれます。

どういう仕組みかよくわからないところもあるのですが、職場で仕事をしている時間や自宅にいる時間も気付くと自動で計測
してくれています。
おそらくはGPSの位置情報から自動で判断しているのでしょう(ちょっと怖いですが)。

ただ、こうして1日をどこでどう過ごしたかを振り返ることで、無駄な時間を減らすことに役立てたり、生活リズムを見直したりすることに役立ちます。

他のApple Watchと連携

「Life Cycle」の素晴らしところは他のアプリを起動していた時間もログとして計測してくれることです。

例えば睡眠時間をSleep Cycleで記録しておけば、その時間は自動的に睡眠時間として記録してくれます。いちいち睡眠の時間を入れ直す必要がありません。

また、Apple Watchに最初から入っている深呼吸のアプリを使えば、その時間はマインドフルネスの時間として記録されますし、ワークアウトアプリを起動していた時間はフットネスなどの時間として記録されます。

Life CycleLife Cycle

 

二重に入力する手間がないのでスムーズにライフログを取ることが出来るのが素晴らしいです。

Apple Watchだから出来ること

これまでにも自動で記録できるライフログアプリは「Moves」とか「僕の来た道」などがあったわけですが、やはり肌身離さずつけているという点で今回紹介した「Life Cycle」が一番です。

特に深呼吸アプリやワークアウトアプリとの連携は、Apple Watchならでは機能であり、ライフログを取るハードルをグッと下げてくれます。

過去にライフログに挫折した私でも今のところ続けることが出来ています。Apple Watchユーザーならものぐさな人にもおすすめのアプリです。

今日のアクション

こうしてライフログを見ると睡眠時間が足りていないことがよく分かります。生活習慣の改善が必要ですね。

Facebook Comments

累計1万部突破の電子書籍「《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!」著者。Kindle本総合1位を2度獲得。その他WordPressプラグイン「Sandwiche Adsense」を開発。「コミュニケーションの力で新しい価値を生まれる場を作る」をミッションに「モンハコ〜問題の8割はコミュニケーション」を運営中。

記事のタイトルとURL をコピーする!