問題の8割はコミュニケーション!

池袋東口「一竜」で赤辛ラーメンを食べてきた

福岡人が東京でうまい九州料理を探すシリーズ。今回は新規発見のお店ではなく、以前行ったお店に気になる別ニューを食べてみます。

行ったの以前、池袋東口にある「一竜」。以前錦糸町にあるお店にいったのですが、その時メニューにあった赤辛ラーメンが気になっていました。

今回は池袋店ですが、こちらで赤辛ラーメンを食べてきました。

池袋東口ドンキホーテのスすぐ隣

池袋東口の「一竜」はドンキホーテの本当にすぐ隣にあります。ただし、あまりに近くにあるので逆に見逃すかもしれません。

中に入ると錦糸町の「一竜」は博多らしい雰囲気を大事にしている印象でしたが、池袋の一竜はちょっと雰囲気が違う印象。お店の作りは今どきな感じでした。

特にお店で驚くのは、オーダーがタッチパネルだということ。居酒屋やファミレスではよく見るのだけれど、多分ラーメン屋では初めてみました。

替え玉の注文もタッチパネルでします。

赤辛ラーメンをトッピング付きで

さっそく今回のお目当ての赤辛ラーメンを注文します。

赤辛ラーメンは「一竜」の豚骨らーめんに辛くて美味しいそうな赤ダレが加わったラーメンです。見た目からいかにも辛そうです。今回はさらにトッピングで特製辛子高菜と煮卵をトッピングで注文してみました。

スープはレンゲでさらってみると、白濁食の豚骨スープと赤ダレが混ざった不思議な色合いになります。味は予想していたよりは辛くなく豚骨のマイルドさが混ざっている印象でした。多分、かくし味にニンニクが入っている気がします。

麺はいつも通りバリカタで注文。辛いめのスープと絡まって一気に食が進みます。あっという間に一杯目を完食しました。

替え玉を注文

定番の替え玉を注文。スープの味が濃い分、替え玉の美味しく食べられるのではと期待大です。さっそくスープに麺を入れます。

麺をじっくりスープに馴染ませてから頂きます。予想どおりスープの濃さが替え玉の麺でちょうどいいくらいに薄められて一杯目とは違う楽しみ方ができます。

私の大好きな味玉。一竜印が入っています。最後までとっておいて頂きました。

テーブルの上にあった辛もやしを入れて食べてみたのですが、シャキシャキ感がスープ見事にマッチしてかなりいけます。

一気に完食してしまいました。

博多の風味を残しつつも独自の味

一竜はマイルドさが売りの味付けだったのですが、今回食べた赤からラーメンもどちらかというと辛さの中にマイルドさを感じる風味でした。

ベースはもちろん豚骨ラーメンなのですが、博多の味というよりのお店の独自路線で美味しく仕上がっているという印象を受けました。私は辛いものが大好きなのでこういうアレンジは大歓迎です。

今日のアクション

こういう以前行ったときに気になった別メニューを食べにいく記事を今後、ちょくちょくやって行くつもりです。こうでもしないといかないままになってしまいそうなので。

Facebook Comments

累計1万部突破の電子書籍「《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!」著者。Kindle本総合1位を2度獲得。その他WordPressプラグイン「Sandwiche Adsense」を開発。コミュニケーションのチカラで新しい価値を発見するをミッションに「モンハコ〜問題の8割はコミュニケーション」を運営中。

記事がお気に入り頂けたらフォローお願いします!
当ブログの更新情報はfeedlyで配信しております。この機会に興味をお持ち頂けましたら下記のボタンからご登録をお願い致します。
登録の方法はこちら
follow us in feedly

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA