Kindle,読書,WordPress,Alexa…etc

Kindle Oasisユーザーが選ぶ月替わりセール7選(2019年1月版)




2019年がスタートしました。今年もいろいろなジャンルの本を読んでいきたいです。まずはKindleの月替わりセールをチェックして、気になった本をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

Kindle Oasisユーザーが選ぶ月替わりセール7選(2019年1月版)

残業の9割はいらない

働き方改革という言葉が随分世の中に定着した感がある反面、そもそもなぜ働き方を変える必要があるのか。現状の何が問題なのかということを明確に謳っている場面をあまり見たことがありません。

インターネット企業大手のヤフーでは、「企業が勝つため」「社員が幸せになるため」という明確なビジョンがあります。働き方改革を形骸化させないためにはどうしたらいいかを本書から学べます。

伝説のダイエット・アドバイザーが教える最強のやせ方

私も最近は多少食べるものは気にしておりまして。現在、夕食に白飯は食べないようにしておりますし、プロテインも毎日飲んでいます。

ですが、体重ってなかなか落ちません。本書参考にもっとダイエットに励みたいです。

初対面でも話がはずむ おもしろい伝え方の公式

私は、顔が広いとよく言われるのですが、実は初対面って苦手です。相手の人となりがわからないので、何を話していいか分からなくなるのです。

著者の石田さんは放送作家で元落語家。人の心を掴む話芸に長けた方です。どうすれば初対面から人の心掴めるのか。お悩みの方におすすめです。

世界の経営学者はいま何を考えているのか

個人的に経営学という学問に半信半疑な部分があります。いくら経営学を学んだからといって、経営能力が身につくわけではないだろうと考えているからです。

ですが、私がイメージしている経営学はもう古いもののようです。時代の変化に合わせた経営学を学べば見える世界が変わってくるかもしれません。今の時代、実践的な経営学を学びたい方におすすめの本です。

キラーストレス

一時期、話題になったキラーストレスの本です。ストレスって掘っておくと本当に手遅れになるので、きちんとため込まない方法を自分で持っておく必要があります。まずは正しい知識をつけるところからはじめたいです。

企画は、ひと言。

こちらも「初対面でも話がはずむ おもしろい伝え方の公式」と同じく元落語家で放送作家の石田さんの著書です。

石田さんは、「天才テレビ君」をはじめ、「世界不思議発見」「特ダネ」など数々の人気番組を手がけてきた方です。ですが、良い企画はけっして一人でできるものではなく、多くの協力者を巻き込んで初めて成立します。人を巻き込める良い企画とはどうやれば出来るのか。それを学べるのが本書です。

ムカつく相手にもはっきり伝えるオトナの交渉

日本人は本当に議論するのが苦手です。過剰な忖度によって反論さえしないこともよくあります。かく言う私もどちらかというと苦手なほう。

ですが、きちんと意見を言えることが自分の身を守る意味でも必要です。感情論にならない正しい反論の仕方を学ぶ必要があります。

Facebook Comments