両国「博多ラーメン ガツン」。替玉付き600円で都内最強クラスのコスパ

九州料理/
  1. Home
  2. 九州料理
  3. 両国「博多ラーメン ガツン」。替玉付き600円で都内最強クラスのコスパ

福岡人がおすすめする東京で食べられる九州料理シリーズです。最近は東京にも美味しい豚骨ラーメンのお店も増えて来てはいるのですが、福岡の人間が心の奥底でこっそり考えていることがあります。

うまいけど、お値段も高い

福岡にはワンコインで食べられる豚骨ラーメンのお店も沢山あったりするので、正直東京の豚骨ラーメンは高いと感じのが本音です。ですが、今回両国にそんな先入観を覆すお店を発見しました。

スポンサーリンク

JR両国駅から徒歩5分

博多ラーメン ガツンはJR両国駅から国技館通りに向かい、両国橋につながっている通りの交差点にあります。

両国と言えばちゃんこのイメージで、最初に見つけたときにこんなところの豚骨ラーメンのお店があるとちょっと驚いたのを覚えています。

なんと言っても最初に目を引いたのは替え玉付き一杯600円の張り紙。都内でこんな安いところはいくつもありません。

お店の中に入ると、ちょっと昭和レトロを感じさせる内装。どことなくノスタルジーな気分になります。

ちなみにオーダーは券売機で食券を買う方式です。

特性ラーメン(全部盛り)と高菜トッピングを注文

今回、私が注文したは特性ラーメン。通常のラーメンに複数のトッピングがセットされたラーメンです。お値段はそれでも880円。付いてくるトッピングは海苔、味玉、明太子、チャーシューです。もともとのラーメンが安いため、トッピング付きでもお得感があります。

ただ、私はこれだけでは満足出来ず辛子高菜も追加で注文。やっぱり豚骨ラーメンと言えば辛子高菜でしょ。あと、麺は当然バリカタです。

しばらくするとラーメンとお皿に盛ったトッピングが別々に登場。

しかし、ここでいきなりトッピングをラーメンに突っ込むようなマネは致しません。まず一杯目は、トッピングは何も入れずプレーンは豚骨ラーメンを頂きます。

スープは、あっさり少し辛い感じの豚骨スープ。具材の味を邪魔しない感じが良いです。

麺の硬さもバッチリ。本番の豚骨の味という感じです。

チャーシューを後に残しつつ一杯目を完食です。

替え玉注文!トッピングIN。

さてさてここから第2ラウンドに突入。替え玉をバリカタで注文します。ちなみにこの替え玉は最初の料金に含まれています。まずは、替え玉をスープに投入します。

続いて、温玉、海苔、明太子、チャーシューの順で投入して行きます。最後に追加でオーダーした辛子高菜を入れます。

いざ、食べる準備が整いました。

辛子高菜とスープが混ざって良い感じの色になっています。

スープに唐辛子の辛さが加わって美味しいです。

味玉を割って頂きます。

明太子を麺と絡めて。

最後まで残しておいたチャーシューを頂きます。

海苔で麺を挟んで召し上がれ。

あっという間に完食しました。

最強のコスパ!仕事場の近くに欲しい

東京で豚骨ラーメンを食べる場合、プレーンな豚骨ラーメンでも800円くらいからが相場なので、替え玉付き600円はかなり最強です。800円円、900円となってくると、毎日のランチなどにはちょっと高い感じがするのですが、この値段ならランチでも注文出来ます。

味も本場の豚骨ラーメンと変わらないスタンダードな味です。お店の拘りが書いてあるプレートを見つけました。

この味でこの値段なら仕事場の近くにあれば毎週通えるなーと感じさせてくれるお店です。

今日のアクション

今回紹介したガツンはそこまで知名度の高いお店でもなかったのですが、とても満足度の高いお店でした。隠れスポット的な位置づけです。是非行ってみて下さい。

Facebook Comments