問題の8割はコミュニケーション!

東陽町「本場博多 長浜ラーメン まるむら 」。ラーメン激戦区東陽町にある長浜ラーメン

福岡人がおすすめする東京で食べられる九州料理シリーズ。本日は東陽町にある豚骨らーめん「まるむら」。東陽町はラーメンの激戦区で、豚骨らーめん以外にも様々なラーメン店が並んでいます。

激戦区で店舗を構えていられるのですからこれはうまいはず。期待度大で行ってきました。

東陽町駅または木場駅から徒歩5分

まるむらは東京メトロ東西線の「東陽町」駅と「木場駅」のちょうど間くらいのところに位置しています。どちらの駅から行っても徒歩でちょうど5分くらいのところにあります。

お店は赤暖簾のインパクトが結構あるので、すぐに見つけられます。

お店の内容はこんな感じです。最大で10人くらいは入れるでしょうか。割とこじんまりとしています。

お店がきちんとこだわっているのがわかるのが、麺の硬さの種類が豊富なこと。私はいつもバリカタで頼みますが、ハリガネや粉落としも選ぶことができます。

トッピング3種乗せラーメンを注文

毎回新規のお店にいったときは、1杯目でオーソドックスなラーメンに具材を全部乗せしたラーメンを注文するのが私の食べ方なのですが、今回全部乗せは売り切れていました。

そこで見つけたのがトッピング3種盛りラーメン。ラーメンに好みのトッピングを3種類選んでのせることができるメニューです。私は、煮卵、海苔、きくらげを選んで注文しました。1杯950円です。

卵がドンとまるごと乗っている感じがとても美味しそうです。さっそく頂きます。

スープはあっさりして、どちらかというとトロみは少なめです。

麺の硬さは、博多の作り方に忠実な印象で、適度な粉っぽさがあります。バリカタを注文するとお店によってかなり茹で具合が異なるのですが、私は少し粉っぽさを感じれるくらいの麺がすきです。その点でこのお店はとても美味しかったです。

トッピングはほとんど残して、1杯目を食べ終わりました。

替え玉注文!

ここからは3種乗せの具材を楽しみにしながら替え玉を注文します。替え玉は1杯100円です。

替え玉を入れて貰ったら、机の上にあった辛子高菜を大量投入。スープの色が変わるくらいまで入れるのが私の好みです。

麺に辛子高菜を絡めて食べていきます。

煮卵も適度な茹で具合が良い感じです。

これは失敗。海苔を最後までとって置いたらしおれてしまいました。最初のほうに食べるべきでした。

あっという間に替え玉も完食です。

あっさり豚骨が好きな人向けの味

豚骨らーめんって、濃厚だというイメージを持たれる人が多いのですが、エリアによってかなり差があります。豚骨ラーメンでも長浜のラーメンはかなりあっさりです。

まるむらのラーメンはまさに本場の味に忠実な作り方をされているので、本場の長浜ラーメンが好き、あるいは脂っこいのはちょっとという人にはおすすめできるラーメンだと言えます。

今日のアクション

今回、全部乗せラーメンが食べられなかったのが唯一の心残りです。次回こそは必ず食べたいです。

Facebook Comments

累計1万部突破の電子書籍「《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!」著者。Kindle本総合1位を2度獲得。その他WordPressプラグイン「Sandwiche Adsense」を開発。コミュニケーションのチカラで新しい価値を発見するをミッションに「モンハコ〜問題の8割はコミュニケーション」を運営中。

記事がお気に入り頂けたらフォローお願いします!
当ブログの更新情報はfeedlyで配信しております。この機会に興味をお持ち頂けましたら下記のボタンからご登録をお願い致します。
登録の方法はこちら
follow us in feedly

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA