Kindle,読書,WordPress,Alexa…etc

Kindle Oasisのカバーが売っていない問題




先日、購入した Kindle Oasis。使い勝手はなかなか良い感じです。最初はKindle Paperwhiteと大して変わらないかなと感じていたのですが、じわじわとその使用感の違いが分かってきました。ある程度、評価が固まってきたらまたレビュー記事を書いてみます。

ただ、Kindle Oasis本体の問題ではないのですが、一つ困ったことが。。。

まだ、どこを探してもKindle Oasisのカバーがありません。Amazonで調べたところ、最短で届くのは11月18日以降ということになっています。なので、一応注文はしていますが、現在は裸のままで仕様している状態です。

私は身の回りのものをうっかりで無くしたり、壊したりするほうでして。過去に Kindle Voyageのディスプレイを二回破壊したという実績をもっておりますし、本当になくしては困るものにはGPSタグを付けているくらいです。

Kindle Paperwhiteだとプライム会員価格で1万くらいなので、まだ気楽なのですが、Kindle Oasisはさすがに3万オーバー。しかもiPhoneなんかに比べるとちょっと衝撃には弱そうに見えます。

パソコンなどと一緒に持ちあるいて、画面に日々とか入ったらダメージが大きいので、今一歩外に持ち出す勇気がでずに外出のときはKindle Paperwhiteを持ち歩いています。

私は読書はほどんど移動時間でしているので、これでは買った意味がないのですが…

早くKindle Oasisのカバーが届くことを心待ちにしています。

スポンサーリンク

今週の気になっている本

ちきりんさんが、ブログで紹介していた本です。華やかなはずのアパレル業界が時代の変化に対応できず、衰退した様が書かれています。

人工知能、電気自動車、Iotと、近年は人手が不要になる技術の発展がすさまじいので、我々もきちんとキャッチアップしていかないと取り残されるなと感じます。教訓を学ぶという意味でおすすめです。

今日のアクション

とりあえずAmazon純正のケースは注文したのですが、純正ケースは少し値段がするというもの結構ダメージがでかいです。本体が高かったので、せめてケースは安めのものにしたかったのですが。い

Facebook Comments

累計1万部突破の電子書籍「《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!」著者。Kindle本総合1位を2度獲得。その他WordPressプラグイン「Sandwiche Adsense」を開発。「コミュニケーションの力で新しい価値を生まれる場を作る」をミッションに「モンハコ〜問題の8割はコミュニケーション」を運営中。