問題の8割はコミュニケーション!

もっとも個人的な問題はもっとも普遍的な問題である

最近、とある心理学系イベントで参加者の人から聞いた言葉がすごく印象に残っています。

「もっとも個人的な問題はもっとも普遍的な問題である」

なるほど、と感じると同時に、これはあらゆる表現行為に通じる言葉だとも感じるのです。

例えば、音楽。

世の中に存在している名曲と言われる楽曲は、個人的な失恋などの喪失体験をベースにしているものがほとんどです。私が好きなアーティストの楽曲も歌詞も平たくいうと「寂しい。辛い」と行っているものが多いです。

以前、音楽関係のお仕事をされている方から「クリエイティブな活動は、自分が抱える孤独と向き合わないとできない」と言われたことがあります。結局表現活動というのは、自分のコンプレックスが起点になるのかもしれません。

これはブログにも言えることではないでしょうか。

個人的な悩みがあるからこそ、それに対する怒り、悲しみ、そして共感を得たいという欲求がブログを書く衝動に繋がるのだと感じるのです。そして、いわゆる人気があるブログというのは、その個人的衝動に共感する人が多いから読まれるのでしょう。

私自身は、仕事での自分の失敗や悔しさがブログの出発点になってきた部分があります。だから本を読み、学んだことを記事にかくところからブログを始めました。

仕事ができないから、仕事術にについて書く

恋人が出来ないから恋愛の心理学について書く

お金がないから節約術について書く

多分、ブログを書く原点はそんなところにあるし、コンプレックスがなくならない限りブログを書き続けることはできる気がしています。

今週の気になっている本

_

人気ブロガー「Lifehacking.jp」の堀さんの新刊です。そういえば、以前堀さんがブログを始めたきっかけをセミナーで伺ったことがありますが、やはり仕事での挫折がきっかけだったとお話されていました。

堀さんのライフハック記事は海外の事情もまじえ、深く鋭い内容の記事が多いですが、それでも起点は他の人と同じなのかもしれません。

今日のアクション

人間の情熱の原点が、コンプレックスや自分の短所だとしたら、ブログに書くことがないという悩みは、自分が満たされているという裏返しで幸せな証拠なのかも知れませんね。

Facebook Comments
累計1万部突破の電子書籍「《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!」著者。Kindle本総合1位を2度獲得。その他WordPressプラグイン「Sandwiche Adsense」を開発。トライ&エラー可能な人生を目指して活動中。世の中の問題はだいたいコミュニケーションに関わるものなので、もっと気楽にやろうをモットーにブログ「モンハコ」を運営。
記事がお気に入り頂けたらフォローお願いします!
当ブログの更新情報はfeedlyで配信しております。この機会に興味をお持ち頂けましたら下記のボタンからご登録をお願い致します。
登録の方法はこちら
follow us in feedly

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA