累計16000部突破!本好きのためのAmazonKindle読書術絶賛発売中。

テレビを捨てたらテレビ番組が面白いと感じなくなった話

  • URLをコピーしました!

今から約2年前にテレビを捨てました。捨てた理由は、世の中に感染症が流行し、ネガティブなニュースが蔓延し出していたから。テレビの報道番組というのは、過剰に煽って視聴者の不安を煽ることで視聴率を稼いでいるところがあることを東日本大震災の時に、散々感じていました。正直、気を付けないと本当にメンタルをやられてしまいます。

そのため、このタイミングでの廃棄を決意。といっても、テレビ本体を捨てたのではなく、テレビに刺さっていたB-CASカード処分。これでテレビはただのモニターと同じに。地上波の番組は、見たくてもみれません。

あわせて読みたい
TVからB-CASカードを抜いて処分しました。これで地上波の番組は見れません。 タイトルの通りなのですが、TVからB-CASカードを抜いて処分しました。我が家に10年前に購入した42型の東芝REGZAがあるのですが、これで地上派の番組を見ることは出来ま...

といいつつも、今の時代はかなりのテレビ番組は、TVerで見逃し配信をやっています。やはり1週間に数番組はみたい番組もあったので、それらの番組はTVerで見るようになりました。

見たい番組だけをTVerで見るようになって、ついつい不要にテレビをつけてしまいダラダラ見てしまうということがないので、このほうが効率的に時間を使うことが出来て健全です。

そして、そんな生活をするようになって、2年が過ぎました。すると私の中で心境の変化が。今まで面白いと感じてみていた限られたTV番組も見てもあまり面白いと感じることが減ってきたのです。

なんだかんだでテレビを普通に見ていた頃は、テレビの中の出来事はどこか身近な出来事のような気がして笑えていたのですが、テレビ捨ててからそれまでに以上に、テレビ番組との距離が出来た結果、なんというかテレビ番組の演出が内輪乗りで盛り上がっている人達の集まりのように感じられることが増えたのです。

少し前に、大手牛丼チェーンの役員の方が、若い女性を薬漬けにする、言い換えると商品やサービスの依存度を上げて、簡単に離れられないようにするといって大炎上したことがあるのですが、ひょっとするとTV番組の演出も似たようなところがあるのかもしれません。

テレビの中の出来事を身近に感じさせることで、親近感を憶えさせて面白く感じるようにしていたり、また見たいと感じるように作っているのでしょう。だから一旦、テレビと距離を置くと段々にそれがどこか遠い世界の出来事のように感じれて、次第に面白くなっていったのかもしれません。

なんにしてもテレビを見なくなった分、より自分の好きなことに時間を当てられていて充実しているので、テレビがオワコンと言われても仕方ないかなと感じるのです。

今週の気になっている

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

累計16000部突破の電子書籍「《増補改訂版2020》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!」著者。Kindle本総合1位を2度獲得。その他WordPressプラグイン「Sandwiche Adsense」を開発。「コミュニケーションの力で新しい価値を生まれる場を作る」をミッションに「モンハコ〜問題の8割はコミュニケーション」を運営中。