累計16000部突破!本好きのためのAmazonKindle読書術絶賛発売中。

【ネタバレ無し】THE FIRST SLUM DANKを見てきたので感想などを書いてみる

  • URLをコピーしました!

タイトルの通り、THE FIRST SLUM DANKを映画間に行って見てきました。

私は、もろにSLUM DANKの影響を受けた世代でして。このマンガの影響を受けて中学の時にバスケットボール部に入部しました。左手は添えるだけとか、庶民シュートとか、もろに言ってた世代です。

で、感想なんですけど、良かったです。ベタですけど。

映画の内容は、原作のストーリーはそのままに、新しい解釈を加えた作品という内容でした。

原作は30年近く前の作品で、単行本も何度も読んでいるので、結末はわかりきっているのに、見ている時は手に汗握ってしまいました。

公開する前は、声優の交代なんかが発表されて、内容を不安視する声が目立っていたのに、公開された世間の評判が180度変わって絶賛されていたので、一体何がそこまでと気になっていたのですが、その訳がよくわかりました。いや 面白いというか感動しました。

ただ、ちょっとだけ残念なのは、作中で私が好きな台詞がいくつかカットされていたこと。

まぁ これは全体の尺の都合や全体のバランスを考えて入れないほうが良いと判断したからでしょうが、私もSLUM DANKの台詞って、ジョジョの奇妙な冒険と並んで思い入れのある台詞が多いので、好きな台詞がカットされていたのはちょっと残念ではありました。

全体としては、間違いなく名作と呼べる出来でしたし、作者の井上雄彦先生が今見せるならこれとこだわって制作したのがよく伝わってくる作品でした。

映画を見ながら感じたのは、一つのことに打ち込めるってやっぱりいいなということ。

一般的には青春の定義は、年齢で区切られることが多いのだけれど、個人的には、年齢よりもこの一つのことに打ち込めるかどうかが大きい気がしています。

年齢を重ねるとどうしても、人生経験を積んできて、適当に流すことを覚えてしまうので、一つのことに没頭するってことが減ってきがちで、放っておくと感性が鈍化してしまう。

逆に感性が鈍化しなければ、人生経験を積んでいる分、いくつからでもより成熟した深みのある青春を送ることが出来るのではないかと感じるのです。

幸い自分は、ここ2年ほど写真に出会えて、かなり没頭出来ているので、その点はとても幸せかなと。そして、あのSLUM DANKの登場人物達のように写真を撮ることにもっと熱くなろうと決意したのでした。

今週の気になっている本

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

累計16000部突破の電子書籍「《増補改訂版2020》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!」著者。Kindle本総合1位を2度獲得。その他WordPressプラグイン「Sandwiche Adsense」を開発。「コミュニケーションの力で新しい価値を生まれる場を作る」をミッションに「モンハコ〜問題の8割はコミュニケーション」を運営中。