問題の8割はコミュニケーション!

Kindleのハイライト保存ページがリニューアルされて見やすくなっている件

Kindleで読書をすると便利な機能の一つにハイライトがあります。 Kindleで本を読んでいて気になったところをマーキングできる機能です。そしてこのハイライトしたページは、サーバー上の保存されていてあとから確認することができます。

ハイライトの保存ページはこれまで英語のページだったのですが、このたび、リニューアルされて日本語ページになっています。

新URLに移行

これまでの Kindleのハイライト保存ページはのURL( https://kindle.amazon.co.jp/) を開くとこんな画面に変わっています。

なんぞやとページをよくみると真ん中くらいに、 read.amazon.co.jp/notebook.というリンクを発見。

こちらのリンクから飛ぶと、Amazonのアカウントの認証ページになるので、入力してログインするとメモとハイライトのページが日本語化されていました。

シンプルで見やすく

これまで Kindleのハイライトが保存されているページはどことなく、ゴテゴテしていたのですが、リニューアルでシンプルになり、とても見やすくなっています。

画面の左側にハイライトした書籍の書影が一覧で表示されて、書影を選択するとハイライトした部分の一覧が表示されます。

コメントの追加なども、ナビゲーションが日本語になって操作がわかりやすくなっています。もちろん、 Kindle for Macなどが入った端末で「Kindleで開く」を選択すれば、 ハイライトしたページをさっと Kindleアプリで開くことができます。

アメリカアカウントと統合している場合

アメリカのAmazonアカウントと日本のAmazonを統合している場合、ハイライトの保存先は、 read.amazon.com/notebook.になっているようです。

アカウント統合をしてハイライトの保存先がわからないという方もいるようなのでご注意下さい。

今日のアクション

これまでハイライトページはインターフェイスが英語圏っぽくてどことなく使いにくかったのですが、今回のリニューアルでかなり使い易くなっている印象です。秋の夜長の読書が捗りそうです。

Facebook Comments
累計1万部突破の電子書籍「《新版2017》本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう!」著者。Kindle本総合1位を2度獲得。その他WordPressプラグイン「Sandwiche Adsense」を開発。コミュニケーションのチカラで新しい価値を発見するをミッションに「モンハコ〜問題の8割はコミュニケーション」を運営中。
記事がお気に入り頂けたらフォローお願いします!
当ブログの更新情報はfeedlyで配信しております。この機会に興味をお持ち頂けましたら下記のボタンからご登録をお願い致します。
登録の方法はこちら
follow us in feedly

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA