激動の2020年が終わる。今年もお世話になりました!

ライフハック/
  1. Home
  2. ライフハック
  3. 激動の2020年が終わる。今年もお世話になりました!

本日は2020年の大晦日です。2020年は世界がコロン一色の年となりました。まさかこんな年のなると考えていた人はいなかったはずです。私も2020年の元旦にこんな記事を書いています。

こうして振り返るとかなりのん気な印象を受けます。オリンピックが開催とか言ってますし。如何に2020年が予測のつかない年だったかがわかります。

そんな2020年、個人的ニュースを振り返ってみます。

スポンサーリンク

山梨 WordPress MeetUpを開催

お世話になっている金丸文化学園。不登校の子供や親の居場所作りを中心に活動されていますが、この活動がオープンソースの精神とマッチするのではないかと始めたのが山梨WordPress MeetUpです。

コロナ禍でどこのWordPressMeetUpも継続していくのに苦労している中、2020年は3月からオンラインに移行しつつも、毎月開催を実現することが出来ました。うまく行っている要因は、ずばり集まってくれている方が素晴らしいにつきると感じてます。

山梨WordPress MeetUpのスタッフや登壇頂いている方は、個性的で能力の高い方ばかりなので、私も大変勉強になっています。こういう風にいい人が集まってくるのはオーナーの金丸さんの人徳ではないかと。

来年はスペシャルゲストを呼びつつ、さらに盛り上げて行く予定です。

電子書籍派VSオーディオブック派のプレゼンバトル開催

オトバンクの広報佐伯さん、イベントスペース星の砂さんと共催で電子書籍派VSオーディオブック派というイベントを2月に開催しました。

電子書籍とオーディオブックという新しい本の読み方をもっと広めたいという意図で開催したイベントでしたが、登壇者の方々のこだわりが満載のプレゼンが続いて、とても盛り上がりました。

今振り返るとこれが最後のオフラインイベントで。今後、こういうイベントが開催できる日はいつになるのか。

日本経済新聞にコメントが掲載される

なんとかの日経新聞の夕刊にKindle読書術の著者として、電子書籍の活用術に関するコメントを掲載頂きました。Kindle読書術を最初に書いたころは電子書籍は日本では普及しないと言われていたのですが、それから7年が経ち、ついに日経新聞に記事が載る時代になりました。

とはいいつつも、まだまだ一部の人が活用しているに過ぎないというのが私の認識なので、今後もより便利活用術について発信を継続していこうと考えています。

新しい生活様式に合わせて家電/サービスを新調

コロナ禍によって、在宅ワークも始まり家にいる時間が圧倒的に増えたのが2020年でした。これにあわせ、今年は家電や契約しているサービスを切り替えることが多い年でした。

個人的に一番当たりのサービスは、オンラインヨガ。コロナ禍になる前からヨガはやっていたのですが、1時間のレッスン受けるために移動が往復2時間ってどうなんだろうと考えていたので、家でヨガ出来るサービスはありがたい限りです。

ルネサンス棚倉でライティング合宿に参加

今年は数多くのイベントが中止、またはオンラインに移行したのですが、その中で数少ないオフラインのイベントがお友達の橋本けんちゃんが企画したライティング合宿です。

ルネサンス棚倉という福島県にあるレジャー施設で行ったのですが、とにかく広大で素晴らしかった。そして、あらためてオフラインのイベントの楽しさも体感出来ていい思い出が出来ました。このイベントではその後につながる出会いもあり、主宰のけんちゃんには本当に感謝です。

オンライン読書会を開催

オンラインでだから開催しやすいイベントというのもありまして。それがオンライン読書会です。8月、9月、10月と連続で開催し、ゲストも豪華でした。

8月は染谷昌利さん、9月は倉園佳三さん、10月は三輪開人さん。それぞれの著者の方の本をテーマに読書会を開催し、参加者の方にもご満足頂けた内容となりました。登壇して頂いた染谷さん、倉園さん、三輪さん、ありがとうございました。

それと、個人的に三輪さんに関しては、お会いすること自体が久しぶりだったので、それも含め嬉しかったです。

オンライン読書会に関しては、今後も不定期で開催したいと考えております。

学校司書さん向けの勉強会でKindle読書術について講演

山梨県で小学校の校長先生をされている川崎将人さんにお声がけ頂き、学校司書さんの勉強会でKindle読書術について講演をさせて頂きました。

自分でもまさか学校司書さんの前で、Kindle読書術に関してお話する機会があると考えていませんでした。学校司書の方々が普段どの程度Kindleと接点があるのかが分からないまま、手探りの講演ではありましたが、今後コロナの影響もあり、学校教育の電子化は避けられないので少しでもお役に立てたのではと考えております。

今日のアクション

2020年、振り返るといろいろやっているのに比較的印象に残っていることが少ない年でした。これは多分、オンラインで完結出来ることが増えたからだと感じています。

来年はコロナが落ち着いて、オフラインのイベントも復活してくることを願います。

今年も私に関わって頂いた方々、本当にありがとうございました。来年の引き続きよろしくお願い致します。

Facebook Comments Box